夏の「仮」日記

カリフォルニアの音大で、ジャズドラムを学ぶ人の日々の記録

アマゾンミュージックのカタルシス効果

いままで月額制の音楽ストリーミングサービスって、なんか抵抗あって使っていなかったんだけど、最近先生にいろんなアルバムをおすすめされるから思い切ってアマゾンミュージックに登録してみた。

スポティファイより登録楽曲が多いとか・・・

 

ということで片っ端からほしいアルバム、好きなアーティストのアルバム、なんとなく気になるアルバムをマイミュージックに入れて、ずっといろいろな曲を聴いてる。

 

本当なら課題をやらないといけないし、明日は物理のテストなんだけど、もうどうでもいいやってことでとにかく好きな音楽を聴いている。

 

いまは東京ディズニーシー15周年記念アルバムを再生中。

 

 

ちなみに今日5時間で聴いたアーティストは、

ONE OK ROCK, RADWIMPS, UVERworld, 東京事変, 椎名林檎, Mr. Children, 乃木坂46, RHCP, Eric Dolphy, Lewis Nash, Stanton Moore, Kneebody, Jeff Denson, RATATET, Chick Corea, Roy Haynes, J-Squad, TDRとかかな

それぞれ適当に好きな曲を流して、気が向いたら別のアーティストに。自分の気の赴くままにずっと聴いてる。

口ずさんだり、踊ったり、ドラムを叩いたり、目をつぶったり、別のことをしたり、思い出の品々を見返したり・・・

 

なんか、CJCに留学して、いろいろあって、いつの間にかジャズ以外を聴いちゃいけない感じがしてた。音楽は勉強と成長のために聴くもの。自分の好きなものをただ聴くのは時間の無駄だって、勝手に思ってた。

特に僕は他の人より音楽にのめり込むのが遅かったから、他の学生に比べると音楽の知識が浅い。だからとにかく勉強のために、いろいろな曲を聴いて追いつかなきゃって焦ってた。

 

いつの間にか音楽鑑賞が作業になってて、楽しくなくなっていった。

 

だから今めっちゃ楽しい。

 

しかも今日の授業でソロを取るときに、何も考えずに音楽に反応したら、UVERのTHE OVERのフレーズが勝手にファンクっぽくアレンジされて出てきた。それが評価された。

 

結局いまの演奏に活きているのは、過去に僕が心からいいと思った音楽の要素で、無理やり詰め込んだものはなかなか自然に出てこない。というよりそもそも吸収されない。

未だに一番よく叩いてしまう自分の手癖は、TOKIOの雨傘からとったフレーズだし。

 

好きな食べ物はいくらでも入るけど、嫌いな食べ物は体が受け付けないし、自分が料理を自由に作るとしたらやっぱ好きな食べ物の要素が含まれるもんね。

音楽も一緒だよね。だから、バランスよく食べさえすれば、好きなものを我慢する必要ないんだよね。

って気づいたら何かから解放されて、いつの間にか泣いてた。

 

もちろん勉強はするけど、勉強以外の音楽鑑賞だって無駄じゃない。

 

The Getaway聴いて、ジコチュー聴いて、タワテラのBGM聴いて、HANABI聴いて、努々聴いて、So What聴いて、透明人間聴いて、ミニオとワンマンズドリームのサントラ聴きながら泣いたっていいじゃないか。

 

家にいながらここまでリフレッシュできるとは。

 

ということでアマゾンミュージック、めっちゃおすすめ。