夏の「仮」日記

カリフォルニアの音大で、ジャズドラムを学ぶ人の日々の記録

すべらない話もジャズだ!

前回の記事でチョコレートプラネットのUSAゲームがジャズだということを説明しました。

nazr13.hatenablog.com

ただどうしてもUSAゲームだけでジャズを説明してしまうと説明しきれない部分があるので、その説明しきれなかった部分を、今度はすべらない話と比較して解説しようと思います。

 

USAゲームはあくまでも全体的な形式が似ているという話でした。

ただUSAゲームとジャズには決定的な違いがあります。それは各参加者がアドリブでお題に答える頻度と、一回の回答の長さ。

USAゲームの場合、各参加者の回答頻度は多く、一回あたりの回答時間はとても短いです。一方ジャズでは、回答頻度が少なく、そのかわり回答に要する時間がとても長いのです。

 

この「アドリブで回答する部分」というのがアドリブソロの部分で、ここがジャズの醍醐味と言っても過言ではないと思います。

そして僕はこのソロの部分の性質が、限りなくすべらない話の形式に近いと思っているのです。

 

すべらない話では、各参加者がその場で指名され、自分が用意した話のネタを話します。周りの人はそれに相槌を打ち、話をどんどん盛り上げていきます。話し手はその周りの反応にアドリブで対応しつつ、さらに話を盛り上げ、最終的にオトします。

ここでどかーんと爆笑が(殆どの場合は)起きて、みんなで余韻に浸って、落ち着いたら次の人に話し手のバトンが引き渡されます。

 

ジャズでは、ある程度決まった順番で回答権が回ってきます。また、前回の記事で説明したとおり、ソロは元ネタと同じコード進行の上で行う替え歌という部分に関しても変わりません。

しかし自分のターンで求められることはすべらない話と全く一緒です。

自分がそれまで練習して温めておいたフレーズや、元ネタのメロディをもとに、その場で感じる感情や周りの音を組み合わせて自分なりのメロディを紡ぎます。

ソリスト(回答者/話し手)以外の人はソロの内容に耳を傾け、音楽的な相槌を打ちます。それは普段の相槌と何も変わりません。

オウム返しをしたり、ただうなずいたり、質問をしたり、驚いたリアクションをとったり・・・

こうしたリアクションに対応しつつ、ソリストはさらに自分の話を盛り上げていきます。そしてそれを周りもどんどん煽ります。

感情がクライマックスに至ったとき、その人のソロはオチを迎えます。そしてクールダウンをして、誰かが松本人志のように「じゃあ次行きましょうか」と次のソリストを促します。(ちなみにこの役割を担うのはドラマーが多いです)

 

またここで両形式の特徴をまとめて比較してみましょう。

すべらない話:

  1. 話の大筋は決まっている(言葉遣いはアドリブの部分もある)
  2. 誰が話すかは直前までわからない
  3. 周りの反応はアドリブ
  4. それに対する話し手の対応もアドリブ
  5. 聞き手の相槌と話し手の力量で盛り上がり方が左右される
  6. 最終的にオトすのが目的

 

ジャズ:

  1. 話の大筋は決まっておらず、全てアドリブ
  2. 誰が話すかはなんとなく暗黙の了解で決まっているけど、その場のノリで変わることも多々ある
  3. 周りの反応はアドリブ
  4. それに対する話し手の対応もアドリブ
  5. 聞き手の相槌と話し手の力量で盛り上がり方が左右される
  6. 最終的にオトすのが目的

 

1番と2番以外、すべての要素が共通しているのがわかると思います。そして1,2番においても、一部似たような要素があるということがいえます。

 

 

ということで、今回の説明でさらにジャズを分解できたと思うので、前回の記事の内容も思い出しながらぜひともこの演奏を聴いていただきたいなと思います。

 

今回も元ネタがわかりやすいので、何が起きているかある程度理解できるはずです!

 

0:00~元ネタ

0:37~トランペットソロ1周目(後半にかけてドラムの相槌が多めに)

1:05~トランペットソロ2周目(さらにドラムの相槌がうるさくなる)

1:32~トランペットソロラスト(ピアノとドラムが一緒に大きな相槌を打つ場面あり)

1:59~ピアノソロ1周目(ドラムの相槌が攻撃的になり、その相づちを楽しむかのようにピアノが演奏を止めてドラムのために隙間を空ける部分あり)

2:26~ピアノソロ2周目(緊張感を持たせるために変なリズムをピアノが入れる。最後はドラムとともにクールダウンして、元ネタに戻りやすくする)

※元ネタに戻る直前、ドラムがシンバルで「ワンツースリーフォー!」というカウントの合図をしている点にも注目!

2:52~元ネタ(最後はメインテーマを繰り返して終わり)


Disney Adventures in Jazz - Zip A Dee Doo Dah