夏の「仮」日記

カリフォルニアの音大で、ジャズドラムを学ぶ人の日々の記録

作曲家になりたい

どうも、照りマヨピザが無性に食べたいなつです。

 

今課題が山積みで、結構きついっす。時間ねーよー。7ページのレポートのあとに、曲作って、和声の課題やって、ドラムソロ採譜して、聴音のテスト準備と理論のテスト準備して、アンサンブルの中間発表の練習して、ドラムラインの勉強もしないと・・・これを全部今週中に・・・

 

ということで、こういうときに何がしたくなるかというと、曲を作りたくなるんですね。

 

まったく関係のない曲を作りたくなる・・・

 

で、一応音大に通ってるので作曲する知識はある程度あると思ってるんですが、いざ作ろうと思っても何もできない。

 

なぜだろうか

 

それはこの大学がジャズ専門だからなんだと思います。うちの大学の音楽理論の授業は、曲を作るための音楽理論というよりは、アドリブ演奏やリハモをするための音楽理論なんですよ。だから作曲するための基礎知識はすっ飛ばしてるんですね。

 

僕の場合は日本にいたころにちょっと作曲を勉強しただけでこっちの大学に来たので、間の「しっかりとした曲を作る」作業をやらずにアドリブ演奏に入ってしまったわけです。今の僕の発展途上なアドリブ力ではいいメロディが浮かんでくるわけでもないし、何作ってもだいぶ前衛的な響きになってしまって、なんだかしっくりこないんですよ。

 

僕としては福山雅治さんみたいな曲を書きたいんですよ。

ポップソングを書くために必要な知識をもっと勉強して、もっと時間があるときに作曲をもっとたくさんしていればよかった・・・とつくづく思います。

 

冬休みになったらそういう勉強も再開しようかな。

 

今日の一曲

かっこいいよー。まことさんのスネアの音が結構好き。

BOØWY B・Blue PV - YouTube