読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の「仮」日記

カリフォルニアの音大で、ジャズドラムを学ぶ人の日々の記録

トランプを支持してみた

 

明日は大統領就任式です。

ついにオバマ大統領が8年間座り続けた椅子から退き、ドナルド・トランプアメリカ合衆国第45代大統領となります。

 

この就任式というのはなかなかビッグなセレモニーで、誰が国歌斉唱を担当するのか、その人は口パクなのか、誓いの言葉を噛まずに言えるか、そのあとのスピーチでどんなことを話すのか、などが毎回話題になります。ちなみにオバマ大統領のときには、誓いの言葉を先に言う担当の人(大統領はその人の言葉を聞いて復唱します)が間違えて、なんかちょっとした問題になっていました。

 

実は僕、ありがたいことにここ2回とも大統領就任式のタイミングでアメリカにいます。

 

そこで、大統領就任式前にひとつだけ声を大にして言っておきたいことがあります。

 

僕の住んでいる地域での反トランプムードはかなり下火になっています。

 

明日の就任式のあとはまた各地でデモが開催されるようですが、大統領選挙から2週間経ったあたりから反トランプ運動は大分落ち着きました。一時は高校生が授業をボイコットしてまで行進していたのに、結構すぐになんともない日常へと戻りました。

 

僕の推測ですけど、あのデモに参加していた人の多くは

「ただああいうのに参加したいだけ」だったんだと思います。

ああいう運動に参加して、盛り上がって、ちょっと社会貢献をした気分に浸りたいんだと思います。僕の勝手な想像ですけど。

日本でいうところの、意識高い系大学生による中身のない抗議活動みたいな。

 

 

明日各地で行われるデモの映像だけを見れば、

「うわ、やっぱり国民の多くはトランプに対してこれだけ不満をもっているのね」

って思ってしまうかもしれませんが、今日はどこを見渡しても「デモムード」はありません。

 

もちろん反トランプの人はたくさんいますが、意外とみんな落ち着いているということも知っておいてほしいです。そしてもしニュースでデモの様子が流れても、

「一時的な勢い任せのデモかも知れないな」

と思って見ると、またちょっと違った見方ができて楽しいと思います。

 

 

僕はもうどうなってもしらん。もともと僕は選挙権ないんだし、彼は公平な選挙に勝ったわけだし・・・。

もしかしたらトランプが大統領になったほうが、「何も起きないで済む」かもしれないしね。だって議会でも相当揉めるでしょう。そのゴタゴタの決着がつかないうちに4年経っちゃえばいいんだよ。

 

 
今日の一曲

これ見て懐かしいって思う人とは話が合う

Drake Bell - I Found A Way (Music Video) HD 720p - YouTube