読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の「仮」日記

カリフォルニアの音大で、ジャズドラムを学ぶ人の日々の記録

「あいつ、大学やめるってよ」ってみた

どうも、今はただただ寝たいなつです。

 

昨日は更新サボりました。

普通に何も書くことがなかったから。

まる2ヶ月毎日更新を頑張ったので、今後は気楽にやっていこうと思います。

 

 

今日久々に学校に行き、ドラムレッスンをやってきました。

 

実は各学期にレッスンを15回やらないといけないのですが、その最後のレッスンを2学期が始まる直前の今日やってきました。

 

レッスンが終わり、先生から1学期の成績を口頭で伝えられたのですが、

「君はちゃんと毎週課題を練習して、質問もちゃんとしているからAだ。」

と言われました。

僕がなんとなく

「それって学生の義務なのでは?」

と言ってみたら、

 

「そうなんだけど、そうする生徒は珍しい。世界共通の問題だよ。」とおっしゃっていました。

 

確かに、課題をめんどくさがったり、そもそも授業に出席しない生徒がちらほらといますね。特に個人レッスンをめんどくさがっている生徒は多いです。

みんな冬休みが待ち遠しかったみたいで、1学期の期末終了後はすごい喜んでいましたし、逆に2学期が始まるということで今はみんな憂鬱になっているみたいです。

 

・・・。

 

だったらやめればいいのに。

 

僕は音楽がやりたくてこの学校に来ているし、学校にいると本当にいろいろなことを学べるからむしろ早く学校が始まってほしいくらいなのですが、結構多くの学生が学校生活をめんどくさがっているのですよ。

中には必要単位数を下回った量の授業しか受けていないのに、その授業すらろくにやらない人もいるわけです。

 

別に義務教育じゃないんだし、学費も決して安いわけではないのだから、やりたくないなら誰も止めないはずなのです。とっととやめてしまっていいわけです。

確かに課題は大変だけど、いやいややったり、そもそも課題をやらないくらいなら、最初から学校に来なければいいのに・・・

 

なんか先生の一言からいろいろと疑問が生まれてしまいました。

 

いやでもやるってことは、それなりに別の理由があるんだろうか・・・

 

 

今日の一曲

ピアノで弾けるようになりたい曲ナンバーワン

Vanessa Carlton - A Thousand Miles - YouTube