夏の「仮」日記

カリフォルニアの音大で、ジャズドラムを学ぶ人の日々の記録

刺激を受けてみた

どうも、右足の薬指だけなぜか腫れているなつです。

 

今日は同級生でベーシストの蝦頭さんに連れられて、荒野の真ん中にぽつんと佇むアメリカンなBARに行ってきました。(実際にはBARじゃなくてレストランなので、未成年の僕が入ってもなんら問題はありません)

 

食事をしに来たというよりは、とあるドラマー(僕と蝦頭さん共通の知り合い)のライブを見に来たのです。

 

7時過ぎにゆったりとはじまり、僕でも知っているスタンダード曲からちょっと変わり種の曲までいろいろと演奏しておりました。何がすごいってそのドラマーの方、どんだけ速い曲でもすっげー楽ちんに叩いているんです。しまいには店内のバスケ中継を見ながら演奏しちゃうんですから・・・

 

 

それを見ているだけでもなかなか刺激を受けたのですが、ライブの終盤に蝦頭さんと、僕らと同じくライブを見に来ていた若干19歳のアメリカ人のドラマーがステージに呼ばれました。飛び入り参加で一曲演奏していました。うまかったです。

僕も演奏するかどうか聞かれたのですが、どうしても首を横に振ってしまいました。

こういうところで勇気を出してステージに上がらないといけないのにな。

 

結局のところ自分の腕前に自信がないから、ああいう場面で恥をかくのが怖くて一歩を踏み出さないんだよな。周りの学生なんて下手くそでも気にせずにステージに上るからな。結局あいつらのほうが仕事もらえるんだよな・・・

 

次ああいう機会があったら恥をかいてもいいから演奏しよう。そしてそれまでの間は少しでも恥をかかないように練習しよう。

 

と思った丸山青年なのでした。

 

 

今日の一曲

Clifford Brown - Cherokee - YouTube