夏の「仮」日記

カリフォルニアの音大で、ジャズドラムを学ぶ人の日々の記録

ミュージシャン英会話講座してみた~ライブ編~

どうも、眉毛から上が松潤に似ていることで有名ななつです。

 

ちょっと留学生っぽいことします。

英会話講座です。

といってもほとんどの留学生は使わないであろう題材を扱います。自分、ひねくれてますから。

 

今回の題材はライブです。

日本では大きな会場でやる場合も、小さなお店でやる場合もライブはライブですよね?

「今日ライブなんだー、練習しないとやべえwwww」とか言っているバンドマンの同級生いますよね?

 

でもこっちで「ライブ」を指すときに、"live"という言葉をそのまま使うのはよろしくありません。伝わらないこともないと思いますが、あまり聞き慣れない表現です。

例えば、今夜ライブがあるということを伝えるために、

"I have a live tonight"

と言っても、「ん?」ってなります。日本語には言い表せない違和感があります。

 

ではなんと言えばいいのか・・・。答えは簡単です。

"live"の代わりに、"gig(ギグ)"や"concert(コンサート)"という言葉を使えばいいのです。

 

今夜ライブなんだー:"I have a gig tonight"

来週コンサートがあるんだよねー:"I have a concert next week"

 

うん、かっこいい。

"gig"という言葉は広義には「仕事」という意味を持ちますが、基本的にミュージシャンが使う言葉です。ちなみにスラングなので、クラシック系の人は使わないほうがよろしいかもしれません。

逆にジャズミュージシャンやロックミュージシャンはじゃんじゃん使いましょう。

 

ほかにも、"recital"や"performance"という言葉を使うこともできます。

 

僕の中の勝手なイメージですが、

"gig"は小さめの会場でのジャズやロックのライブ。

"recital"は小さめの会場での、発表会的なもの。

"performance"は音楽以外にも使える。

"concert"は大きめの会場でのライブ、もしくはクラシック系の演奏会。

って感じで使い分ければ無難かと。

 

さらにいろいろな言い回しをしたい人は、

"I'm playing at 〇〇 tonight." (今夜〇〇で演奏するんだー)

"I'll be performing at the theater tomorrow." (明日あの劇場でパフォーマンスするんだー)

などと、動詞を活用しましょう。無理にとは言いません。

 

 

ちなみに、"live"という言葉が「ライブ」とは全く違う意味かというとそういうわけでもありません。"live"には「生の」という意味があるので、アーティストのコンサートやツアータイトルに含まれることがあります。

マイケル・ジャクソンの有名なコンサートDVDのタイトルも、

Michael Jackson: Live in Bucharest - The Dangerous Tour

となっています。

 

ただ、普段会話の中でライブを指す際には使わない言葉なのでご注意を。

次のライブのときは積極的に"gig"と使ってみましょう。

 

 

では、今日の一曲です:

食わず嫌いしないでください。メロディが意外といいです。

BABYMETAL - KARATE (OFFICIAL) - YouTube