夏の「仮」日記

カリフォルニアの音大で、ジャズドラムを学ぶ人の日々の記録

続・自己紹介してみた

どうも、緑茶依存症のなつです。

 

一週間ほど前に中途半端な形で終わった自己紹介の続きを書いていきます。

日本に帰国してから、どういう理由でドラムを好きになり、中高でどのような活動をしていたかについてざっくりお話します。

 

前回の自己紹介ブログはこちら

 

さて、日本に帰国してからというもの、ドラムはほとんど練習していませんでした。たまーに暇な時にスティックでパタパタ遊ぶくらい。

この頃はちょうどマイケル・ジャクソンにハマっていましたが、ダンスにばっかり興味が行ってあまり音楽的な部分には注目していませんでした。

 

帰国してから3ヶ月間だけ通った公立の小学校でもドラムの演奏をしたけど、別にこれといって楽しかったわけでもないし・・・。むしろ「こいつカッコつけてる」って思われてるんじゃないかずっと不安でした。

 

そんな僕は中学受験をします。英語が話せる学校に行きたかったんです。

アメリカにいるときから話を聞いていた都内の中高一貫校に合格します。

 

入学した当初は地味な生活でした。勉強もすごく真面目にやっていたわけじゃないし、部活もバスケ部に入ったけど練習がきつすぎて半年で辞めたし、ドラムもやっていなかったし、マイケルが好きでも女子ばっかりのダンス部には入れないし・・・

 

そんな感じでグダグダしているうちに、中2になりました。帰宅部でした。

テストでいい成績を取ることが楽しくなってきて、勉強をがんばるようになりました。

バスケ部のきつい練習や日本的な食生活のおかげで、この頃には入学当初から比べて12キロほど痩せていました。

そんな感じで少しずつ変わっていた自分に、最大の転機が訪れました

友達に音楽部(いわゆる軽音楽部)に誘われたんです。

まあ、自己紹介のときには「ドラムが叩ける」って自慢げに語っていましたから、誘われてもおかしくなかったと思います。

 

帰宅部だったし、断る理由も特にないからなんとなーく入りました。

なんとなーく誘ってくれた友達を中心にバンドを組み、なんとなーく曲を決めて、なんとなーく練習していました。決して楽しくはなかったです。

 

そんなこんなで軽音楽部のライブの日になりました。僕たちのバンドももちろん演奏しました。

簡単な曲を一曲だけ。決してうまい演奏ではなかったと思います。僕もなんとなーくやっていましたから。でもね、びっくりするくらい楽しかったんです

 

そりゃもう、初めての感覚。どんな習い事もすぐに飽きてしまった僕が、「もっとやりてぇ!」って初めて思えたんです。あのときほど楽しかった記憶、あとにも先にもないんじゃないかな。ちなみにそのときの写真がこちら↓

f:id:nazr13:20161115163707j:plain

今見たらツッコミどころ満載。まずグローブとかダサすぎるでしょ。

 

そんなこんなでドラムにのめり込んでいきました。

音楽にのめり込んでいきました。

 

中3になった頃にはギターやベースにも手を出し、音楽部の部長を務め、高校でも音楽部に入り、部長になりました。

毎年学園祭でライブをやり、都内のライブハウスでもちょくちょくライブをするようになりました。いつの間にか、丸山=ドラムという風に認識されていたんじゃないかな?

f:id:nazr13:20161115164206j:plain

高3の文化祭でのラストライブ。中2の写真と同じ場所。

初めてライブでやったときと同じ曲をあえて演奏しました。

 

まあここまでやってきて、全くジャズには触れないんですけどね。

やってきた曲といったら、ロックやポップスばっかり。

ジャズは聞く分にはすきだったけど、あまり演奏しようとは思いませんでした。

 

だいぶ長いので、今日はここでおしまい。

またいつか、今の大学に入学した経緯をお話します。

 

そして今日の一曲はこれしかない:

中2のときに演奏した曲。なんとなーく選んだ曲だけど、今では大事な一曲。

意外とリズムキープ難しいよ。

ROCK'A'TRENCH - My SunShine - YouTube