読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の「仮」日記

カリフォルニアの音大で、ジャズドラムを学ぶ人の日々の記録

素人なりにジャズの聴き方紹介してみた パート3

どうも、ここ最近は筋肉痛が2日遅れて出るようになったなつです。

 

だいぶ前に始めて途中で更新を放棄した企画を久々に再開します。

 

前回までの記事はこちら↓

素人なりにジャズの聴き方紹介してみた パート1 - 夏の「仮」日記

素人なりにジャズの聴き方紹介してみた パート2 - 夏の「仮」日記

 

これまでのパートでは、ジャズにとってはメインとなるソロの部分をすっ飛ばして、わかりやすい部分だけを聴いて楽しむ方法を紹介しました。

今日はいよいよソロの聴き方について少し解説します。

 

ジャズの最も一般的な進行はこんな感じです。

イントロ→テーマ(原曲のメロディ)→ソロ1→ソロ2→・・・→最後のソロ→テーマ→エンディング

 

イントロとエンディングはその場でそれっぽいことを適当に演奏するだけなので割愛します。

テーマは過去2回の記事で説明しました。

じゃあソロはどんなもんなのか。

 

ほとんどの場合、ソロ演奏者以外がテーマ部分と同じコード進行を演奏し、その上でソロ担当の演奏者がアドリブ演奏をします。つまり骨組みはテーマ部分と同じで、上に乗っかるメロディがアドリブになるということです。

 

ポイントはコード進行がずっと同じということ。

コード進行が同じだと、その進行の中で使える音も自ずと決まってきます。もちろん使ってはいけない音なんてものは存在しないのですが、それぞれのコードに対して使いやすい音と使いづらい音というのが存在します。例えばCmaj7というコードをほかの人が演奏していたら、ソロを演奏する人はド、レ、ミ、ソ、ラ、シの音を使ってメロディを作ろうとする場合が多いです。それがそのコードに乗っかるときれいに聞こえるから。

ということは、その限られた音の選択肢の中でいかに他人と違うことをし、自分らしさを表現するかというのがミュージシャンにとっての課題なわけです。そしてそのそれぞれのミュージシャンのオリジナリティを楽しむのがジャズなのです。

 

まだピンとこないという人は、平日朝の民放各局の情報番組を思い出してください。

大体の場合、その日に扱うテーマはどの番組も共通しています。誰かが不倫しただの、誰かが解散するだの、誰かが何かを歌ってYouTubeで話題だの、誰かが優勝しただの・・・。この共通したテーマを、ジャズで言うところのコード進行だと思ってください。

 

じゃあ同じことを伝えているのに、各番組はどこでオリジナリティを出すのか。

ずばり出演者のコメントでしょう。

同じ話題でも、小倉さんの反応と真矢みきさんの反応の仕方は違います。国分くんのコメントの仕方と山口くんのコメントの仕方だって違います。それらの違いによって、同じ話題のどこに焦点が当てられて、どこで笑いが起きて、どこで真面目な空気になるかが変わります。

SMAPの解散も、同じジャニーズ事務所の後輩である国分くんがコメントする場面のあるビビットと、スマスマという番組を放送していたフジテレビのとくダネ!では伝わり方が違います。視聴者の注目の仕方も変わるし、さらに言えば視聴者層も番組によって変わってくるでしょう。

 

この同じ内容をそれぞれの番組がどう伝えるかを比較するというのが、ジャズのソロの楽しみ方に似ているのです。

 

「同じ曲を演奏していて、同じコード進行を演奏しているはずなのに、この人の演奏は激しくて、この人の演奏は流動的・・・僕はこっちのほうが好きかな。」

「でもこの人はここでこんな突拍子もない事をやってるんだよ?それってすごいと思うな。だから僕はこの人のバージョンが好きかな。」

なんていう話をしながら楽しむのがジャズなのです。

 

なんとなくは伝わったでしょうか。

ちょっとここで一曲聴いてみましょう。

Miles Davis Someday My Prince Will Come - YouTube

白雪姫の映画に登場するとても有名な曲を、超有名なミュージシャンたちがカバーしています。

まずはトランペットのソロが1:15あたりから始まるので聴いてみましょう。なんとなくでいいので聴いてみましょう。飽きたらやめましょう。

次にサックスのソロが3:11あたりから始まるので聴いてみましょう。飽きたらFischer'sの動画でも見ましょう。

 

誰が聴いても二人のソロは「違う」と言い切れるでしょう。

トランペットは、フレーズとフレーズの間に休む場所が多く、一つ一つのフレーズも音の数が少ないです。全体としてゆったりとした印象を受けます。たまに原曲のメロディをなぞっているのもポイントです。

一方サックスは、休む場所もある程度は確保しているのですが、一つのフレーズに詰め込む音の数が比較的多いです。そして低いところから高いところに駆け上がったり、逆に低いところへ駆け下りたりとしています。個人的にはサックスのほうが早口で若々しい印象を受けます。

また、その2つのソロのコントラストを助長するかのようにバックで演奏しているドラムも、ソロがサックスに切り替わるところから音量を上げています。

 

こういった部分に注目して、違いを味わい、楽しむのがジャズの「粋な」楽しみ方なのです。

 

このあとも他の楽器がソロを演奏するのですが、それまで聴いてると確実に飽きるので今回は上記2つの楽器に絞ってみました。

多少なりともジャズのソロがどんなもので、ジャズが好きな人はどんなところに注目しているのかが伝わったらいいなーと思います。

 

今後も気が向いたらジャズの聴き方シリーズを更新していこうかな。

 

今日の一曲

日本のダサかっこいいパンクロックの代表。英語のヘタクソさがいいんです。あとエンディングのドラムがいいんです。

Hi-Standard - My Sweet Dog - YouTube

マナーについて声を荒げてみた

どうも、元いいとも水曜準レギュラーのなつです。

 

今日電車に乗る用事がありました。雨だったから。

すごくたくさん人が乗っていました。雨だったから。

電車が遅れていました。雨だったから。

みんなイライラしていました。雨だったから。

 

電車がホームに入り、ドアが開き、人が出てきました。

僕は降りる人を待っていました。

後ろの人に小突かれました。

振り返ると、白人のおっちゃんが僕のことを睨んでいました。

 

「おい、はやく乗れよ。後ろが詰まってんだよ。」

 

僕は言いました。

「降りる人が全員降りきってから乗ったほうが効率がいいだろう。今急いで乗ったって、結局降りたい人と乗りたい人が押し合っていつまで経っても出発できなくなるよ。」

 

おっちゃんは言いました。

「俺に指図するな」

 

僕は思いました。

「僕の発言のどこをどうとっても指図ではないはず・・・。」

 

 

天気が悪いと、なんか気分も悪くなるのかな。僕はあそこでおっちゃんの言うとおりずんずんと中に入っていけばよかったのかな。でもそしたら降りようとしている人から睨まれただろうな。

おっちゃんがラリってなくてよかった。逆上されて暴力振るわれたらひとたまりもないからな。

 

 

ってかどうでもいいけど最近雨降りすぎじゃね?どうしたベイエリア。

 

 
今日の一曲

まさにこのタイトル通りの気分。どらむかっこええ・・・

Led Zeppelin - Fool In The Rain (with lyrics) - YouTube

ミュージシャン英会話講座してみた~褒め方編~

どうも、何事に関してもストライクゾーンが広めのなつです。

 

しばらくぶりにあの企画の復活です。

今日紹介する単語は、互いの演奏を褒める際に有効なものたちです。

 

ChopsとLicks

これらの単語自体は名詞なので褒め言葉にはならないのですが、そこにちょっとしたフレーズを付け加えることでクールでナウい表現に変わります。こんな感じで...

"He's got some chops!"

"Dude, that lick was so cool."

 

それぞれ日本語に訳すと、

「あいつなかなかの腕前だな!」

「なあ、今のフレーズ超かっこいいよ。」

って感じですかね。

 

では詳しく見ていきましょう。

 

 

Chops = 腕前

日本でも「ゴスペルチョップ」という単語を使っている人はいますが、あまり聞き慣れない単語だと思います。ちなみに「チョップ」という単語が入っていますが、恰幅のいい黒人シンガーが繰り出すプロレス技ではありません。

 

Chopsとは単純にそのミュージシャンの腕前、テクニックのことをいいます。

ただここで気をつけないといけないのが、この単語には「物理的な技術や能力」というニュアンスが含まれるということです。つまり、音楽的能力が高い人が全員Good Chopsを持っているというわけではありません。

 

例えば日本のドラマーで言うと、LUNA SEA真矢は"Good chops"を持っているといえますが、Mr. ChildrenJENはそうは言えません。

JENは素晴らしいドラマーです。とてもシンプルなフレーズを、すごく音楽的に表現力ったっぷりに演奏します。ただ単にそれはChopsという言葉で形容されない部分の技能なのです。

 

スピードやパワーといった、身体能力によって左右される技能の腕前をChopsと言うと覚えておいてください。

 

ちなみに「なかなかの腕前」は "Got some nice chops."という言い方が一番自然です。"Have" ではなく、あえて "Got" です。

 

Lick(s) = フレーズ、リフ、引き出し

これも日本のミュージシャンも使う言葉ですね。ギタリストなら、ブルースリックなんていう言葉を聞いたことがありませんか?

 

Lickとは、ミュージシャンが持ち合わせている音楽的フレーズの引き出しのことを指します。アドリブソロなどでは、このフレーズの引き出しが多ければ多いほどどんな場面にも対応しやすくなります。

もちろん、事前に用意したLickだけでソロを演奏するのは難しいですし、音楽的にもいまいちな結果となる場合が多いです。それでも一流ミュージシャンは大量のフレーズを持っていて、しかるべきときにしかるべき引き出しからフレーズを引っ張り出してきます。ときにはその事前に用意したフレーズをもとに、その場で思いついたアレンジを加えて演奏することもあります。

 

ジャズにおけるソロの第一歩は、偉大なジャズミュージシャンのLickを片っ端から真似することと言っても過言ではありません。

 

このLickはミュージシャンのそれぞれ個性でもあるので、「そのLickかっこよかった!」って言われるとなんかうれしいです。じゃんじゃん使って、いろんなミュージシャンを調子に乗せましょう。

 

ちなみにYouTubeで "Blues Lick" や "Jazz Lick" と調べると、その短いフレーズをたくさん紹介する動画がたくさん出てきます。その動画のLickをいくつか覚えておくと、誰でもなんちゃってジャズピアノソロが弾けちゃいます。

 

 

どちらの単語も、さらっと使えるとすごくかっこいいです。あくまでスラングなので、クラシックの人は使うのを控えましょう。

くれぐれもモーツァルトに向かって、"Dude, you got some nice chops!" なんて言わないでください。最悪の場合ケツを舐めさせられます。

 

 

ということで、みなさんもかっちょいい英語系ミュージシャン目指して英語の練習頑張ってください。何事もまずは形から入りましょう。

 
今日の一曲

この曲を聴くと、昔NHKの教育テレビでやってたロボットのクレイアニメを思い出すんですけど誰か共感する人いません?

きゃりーぱみゅぱみゅ - ファミリーパーティー , kyary pamyu pamyu - Family Party - YouTube

絶対音感への第一歩を紹介してみた

どうも、一般の人より肘の骨がでっぱっているなつです。

 

来学期の履修登録を先程済ませました。

来学期は難しい曲を演奏する機会も増え、なおかつ理論も聴音もレベルが上ってくると思うので、今からいろいろと予習をしていかないとやばいかもしれないっすね。

 

話は変わって・・・

聴音って、音楽をやる人なら全員が身につけておくべきスキルだと思うんですよ。耳コピも作曲も、作業ペースが一気に上がります。歌を歌う人の場合、自分の声のピッチが合っているかどうかを確認する指針にもなるし、初めて楽譜を渡されても楽器の補助なしで歌えるようになります。

 

そんな聴音を手軽に練習できるサイトがこちら。

teoria : Music Theory Web

英語ですが、なんとなくわかると思います。聴音は英語でEar Trainingです。

 

Ear Training をクリックすると、音程、コード、スケール、メロディ、リズム、などを耳で聞き取るゲームを遊べます。

出題ジャンルも難易度も自分で細かく設定できるので、すごくおすすめです。

スマホにダウンロードできるアプリで聴音を練習するものもたくさん出回っていますが、ここまで細かくいろいろな設定をいじれるものはないと思います。

 

なにせ無料だし。音楽理論の勉強と英語の勉強が同時にできる一石二鳥なサイトです。

僕はこの記事を書くことで何かをもらえるわけではありません。でも、ぜひお試しあれ。

 

今日の一曲

ベース!!!

Tower of Power - You got to funkifize - YouTube

YouTuberってすげえっていう話をしてみた

どうも、前髪がアシンメトリーなつです。

 

今日はいろいろとあってこの時間(1時半)まで家族とLINEをしていました。その前は別の用事で街に繰り出し、さらに夕食の準備やドラムの練習等で結構忙しくしておりました。

そういうときってこのブログを更新するのが結構めんどくさくなるんですよね。

 

それでふと思いました。ユーチューバーってすごくねえかと。

 

僕はかなりヘビーなYouTube視聴者で、毎日かなりの量の動画を見ています。

そのYouTubeに動画を上げて、広告収入をもらっている人のことをユーチューバーというのですが、彼らの多くは毎日動画を上げています。

 

しかもそんな簡単なホームビデオっぽいのではなく、短い時間の間で起承転結をつけて、テロップ編集やカット編集、BGMの挿入まで全部彼ら自身が作り上げた映像作品なわけです。撮影も場合によってはかなりの長丁場になりそうなものもあります。

その企画、準備、撮影、片付け、編集をやって毎日休まずに動画を更新し続けるって半端ないっすよね。

 

さらにユーチューバーの中には別の仕事をしていたり、大学に通いながら動画更新をしている人もいます。人気になればなるほど更新はストップできないし、各地でのユーチューバー関連のイベントにも呼ばれやすくなるのに、同時にYouTube以外の生活とも両立させないといけないわけです。

 

そう考えると、こんな10分もあれば書き上がるようなブログを毎日更新するだけで音を上げている僕からすればユーチューバーの方々は神々しく見えます。お疲れ様っす。

 

そんなことを考えながらブログを更新する風邪っぴきのなつでした。

 

 
今日の一曲

ヒキコモリロリン(歌詞付き) - YouTube

風邪っぽさを全開にしてみた

どうも、ブロッコリーは花の部分より茎のほうが好きななつです。

 

タイトル通り、昨日の夜辺りから風邪の超初期症状が出ております。

といっても喉が若干痛い程度で全く深刻ではありません。

 

僕は9割以上の確率で喉から風邪をひきます。つまり喉が痛いとなったらそれはただの咽頭痛ではなくて、風邪のひきはじめである場合のほうが多いのです。

特に乾燥で喉がやられ、そこから咳、痰、だるさ、鼻へと症状が移行していくパターンが多いです。ダチョウ倶楽部のどうぞどうぞレベルでお約束のパターンです。

 

カリフォルニアは空気が非常に乾燥しているので、雨季でも日本の冬場以上に乾燥します。その乾燥にやられたっつーことでしょう。あとは年末年始の不規則な生活リズムによって免疫力が低下したのでしょう。(僕は免疫力が低下すると足が腫れるのですが、現在右足が絶賛腫れております)

 

 

こののどが痛い段階で放っておくと鼻水が止まらなくなり生活も大変になってしまうので、どうにかしてその前に症状を食い止めたいわけです。もちろん薬による対症療法は意味がありません。

そこで僕はどうするのか。

 

「緑茶とはちみつとビタミンC大量に摂取しつつ一日寝よう作戦」で対応します。

 

朝起きたらビタミンC入りのジュースをコップ2杯、昼はトマトソースを使った料理とプチトマトでリコピン摂取、夜は人参、ネギ、生姜などを入れたおじや。それに加えて一日中緑茶を飲み、毎食後にははちみつをスプーン一杯程度直接飲みます。

そして頻繁にうがいをし、あとはマスクをしてとにかく寝ます。

 

本当に初期段階の喉の痛みだったら、この作戦で大体回復します。

仮にもう少し進行した風邪でも、鼻水が悪化する前に治ります。

 

ただこの作戦、学校がある日には実行できないのが玉にキズ。

 

今は冬休み中なのでありがたいことに一日中家にいれます。むしろ今のうちに風邪をひいておいてよかったと思うようにします。ラッキー^^

 

 

今日の一曲

確かスティービー本人がドラムを叩いています。他の人には真似出来ない独特のフレーズ。僕もコピーしようとして相当苦しみました。

Stevie Wonder - Creepin' - YouTube

クラシック奏者になってみた

どうも、ホールケーキにかぶりつくのが夢のなつです。

 

今日は雨で外に出る気にならなかたので、本当に一日中ドラムを練習していました。

 

メニューはざっとこんな感じ:

  • アップテンポジャズの基礎練(手のフレーズ+速いテンポでのハイハット裏踏み)
  • サンバ系のエクササイズ(基本リズムの発展・自由なソロをするための基礎練)
  • ファンク系のエクササイズ(手はパラディドルのバリエーション、足は教則本のリズム読み、クリックを1の16分音符四つめとして聴く)
  • 左手強化系のエクササイズ
  • 合間にお遊びとして5拍子でのポリリズム練習

 

そして僕が今一番苦しめられているのが、クラシック系のスネアドラムエチュード

f:id:nazr13:20170104180729j:plain

アクセントの位置や装飾音符の多さからしてポピュラー音楽をやるドラマーはなかなか苦しめられます。そしてドラムロールの音質にこだわり始めるとさらに苦しくなります。

読みながら対応ができないので、ひとつひとつ右で叩くのか左で叩くのか記入してあります。この右手と左手の対応の仕方も、いわゆるドラムセットでの演奏とはルールが違うので大変なのです。

 

でもこれをやっていくとボリュームコントロールや左右の均等さ、3連符と偶数系の音符の切り替えがかなり鍛えられます。うーむ、むずかしい・・・

 

 

ちなみに手は未だに痛みますが、きちんとウォームアップとストレッチをこまめにやることで、痛みが発生するまでの時間を限界まで引き伸ばしています。慣れると自分で、「あ、そろそろ腕がしびれるな。ストレッチしておこう」ってわかるのです。そうやってケアしながら練習していけば、そこまで痛みを怖がる必要はないのです。

よく、「怪我したらしばらくドラムを演奏するな」と医者に言われますが、それだといつまでたってもうまくなれないし、せっかくついた筋肉も落ちてしまうので僕は自分でケアしながら練習を続けます。あまり他のドラマーにはおすすめしませんが、僕はそうやっていくと決めました。

 

 

今日の一曲

これはこれでかっこいい。

在日ファンク - 京都 @ TAICOCLUB'13 - YouTube