夏の「仮」日記

カリフォルニアの音大で、ジャズドラムを学ぶ人の日々の記録

USAゲームはジャズだ!

チョコレートプラネット発案のUSAゲームってみなさんご存知でしょうか?


【オリジナルゲーム】USAゲーム②

 

この形式って、ほとんどジャズなんですよってことをお伝えしたいなと思いまして。

どうにかしてジャズ=難しいという発想を変えたいという思いのもと、どうにか頑張って解説していきます!

※ちなみにジャズといってもものすごく広いので、中でも最もベーシックなスタイルのジャズの形式だけを扱いたいと思います

※そもそも言葉だけでジャズを説明するのは無理なので、例外や過大解釈等が多々ありますがそれは突っ込まないでください

 

①元ネタ(テーマ)

ジャズは即興音楽ですが、別にすべてがアドリブということではありません(もちろんすべてアドリブでやるやり方もあります)。

殆どの場合、アドリブの土台として既存の曲のメロディとコード進行が使われます。

 

USAゲームの場合は、DA PUMPのUSAのサビ部分が元ネタですよね。

 

ジャズだとこの元ネタはワンフレーズというよりも、有名な曲のサビ部分であったりワンコーラスであったり、もう少し長いメロディであることが多いです。

 

②元ネタを即興で変えていく(アドリブ)

最初の「カーモンベイビーアメリカ~♪」という元ネタを提示したあとは、ゲーム参加者がそれぞれ元のメロディーをベースに、替え歌の要領でゲームが展開していきます。

この部分は即興で行われるので、誰も何が起きるかわかりません。だからこそとんでもない答えが出てくるし、緊張感もあるし、楽しいゲームとして成立するわけです。

 

ジャズの演奏も同じで、元ネタの提示が終わったあとは各演奏者が順番にアドリブでメロディを紡いでいきます。そしてこのアドリブで紡がれたメロディは、実は元ネタのメロディと同じコード進行の上で行われているのです。

コード進行とはメロディを乗せる基礎の土台のこと。つまり同じコード進行で違うメロディを演奏するというのは、替え歌にとても近い感覚なのです。

 

USAゲームにおける替え歌:メロディが同じで歌詞がアドリブ

ジャズのソロ:コードが同じでメロディがアドリブ

 

と捉えると共通項がわかりやすいのではないでしょうか?

(ここでさらに感覚を理解してもらうために、もう一つ別の例としてフリースタイルダンジョンも挙げておきましょう。フリースタイルの場合、土台のトラック/ビートはみんな同じものを使って、その上にのっかるラップがアドリブです。)

 

③失敗も面白い

USAゲームもジャズも、制約された環境下で即興で対応していくので必ずミスが生まれます。そのミスをうまくカバーしようとしてさらに変になったり、とてつもないミラクル回答が生まれたりします。

むしろすべてが完璧に行われたらつまらないんです。

例えば台本のあるUSAゲームを想像してみてください。何も面白くないですよね?

 

次に何が起きるかわからないから、常に楽しい。ジャズの魅力も一緒です。

 

④形式がほぼ一緒

USAゲーム:最初は既存の「カーモンベイビーアメリカ~」からスタート。それ以降アドリブ。たまにアメリカに戻るのもオーケー。

ジャズ:最初は既存の曲からスタート。それ以降アドリブ。最後にもう一度既存の曲に戻る場合がほとんど。

ね、似てるでしょ?

 

ということでジャズとUSAゲームの形式がほぼ同じだということを説明してきました。

 

これを踏まえて、この映像を見てみてください。

みなさんが知っている曲が元ネタなので、どこまでが元ネタで、どこからアドリブソロが始まるのかがわかると思います。そして、ソロ中に元ネタのメロディを歌ってみると、ちゃんとコード進行が合っていることもわかりますし、アドリブ中の演奏者もたまに元のメロディをなぞるので、そういう風に聴くと理解しやすいと思います。

0:00~元ネタ

1:04~ベースソロ

2:00~ピアノソロ

2:56~サックスソロ

3:50~元ネタに戻る

4:46~エンディング

(最後にどうやって終わるかは事前に決まっていて、終わるタイミングはアイコンタクトを取って合わせている)


Otonowa @ Le Club Jazz, Kyoto, Japan / Hyotan Jima

ジャズ初心者が、音大に2年間通ってやっとジャズを好きになった話

僕の大学は全米唯一のジャズ専門の音楽大学ということがアピールポイントなので、そりゃまあジャズ好きの学生が集まるわけなんですが、僕は2年間通ってやっとジャズが好きだって自覚した気がします。

 

ええ、この大学に進学した理由はジャズを勉強したかったからです。

でも、別に好きだったから勉強したかったわけじゃない。

 

ジャズって、難しくて、怖くて、つまんない音楽だった。

難しいからこそ、それを学べばドラマーとして成長できると思ってジャズの世界に飛び込んだ。良薬口に苦しっていうことわざを信じて。

 

でも難しい上に好きじゃないんだもん、勉強する気になれないよね。わけわかんないし、失敗しかしないし、コンサートに行っても授業でジャズの名盤を聴いても、何も理解できない。

入学直前、高校の友達にはイキってジャズ好きみたいなこと言ってたけど、ごめんなさい嘘ついてました。

 

でも嫌がってるだけじゃ何も始まらないし、良い成績ももらえないので、自分を追い込む形で勉強しましたよ。練習もしましたよ。それでも全然上達しないし、いつまで経っても自分の演奏に満足できないし、自信はどんどんなくなっていく。

 

でも今はジャズを演奏することが、ヘタくそなりに楽しいって思ってる。ジャズのコンサート行って、心臓がドキドキして、涙が出てきて、その感動を伝えたくて真っ先に演奏し終わったミュージシャンに話しかけに行く。

 

気づいた。

 

あれ、僕、ジャズ好きなんじゃね?って

 

多分最初のきっかけは1年前。

嫌なことがあって、めちゃめちゃ苦しいときに、やけくそで、技術もリズムも無視して叩いたドラムソロが先生に評価された。きれいに演奏することよりも、感情を解放することが大事だって学んだ。

 

次のきっかけはその半年後。

とある授業で、小さな部屋で少音量で叩くように徹底的に指導された。ロック出身の僕としてはめちゃくちゃ辛かった。でもいつの間にか、先輩から褒められるくらいのボリュームコントロールを習得していた。それが自信になった。

 

そして今。

国内トップレベルのベーシストと演奏できる授業がある。そこで、ほとんど言葉もかわさずにただひたすら1時間演奏する。少しずつ噛み合ってくる感覚がある。今までは頭で考えてから演奏していたのに、天に導かれるように自然とフレーズが出てくるときがたまにある。なんとなく相手の行きたい方向がわかって、それについていくと、予想通りのタイミングでキメがハマるときもある。

 

コンサートに行っても、録音を聴いても、そういう次元の音楽的コミュニケーションが少しずつ分かってくる。そうなると、もう楽しくてしょうがない。

 

ひとつひとつの小さな経験の積み重ねが、いつの間にか自分の感覚を研ぎ澄ましてくれて、自信に変わっていたんですね。

今まで辛いことたくさんあったし、留学なんてしなければよかったって思ったことも一度や二度じゃないけど、全部必然だったんですね。

 

え、今めちゃくちゃ学校生活楽しいぞ・・・あの頃の自分はどこへやらってくらい楽しいぞ!

 

今日見たオトノワのコンサート。めっちゃかっこよかったな。本当に涙がでるくらい感情が揺さぶられる演奏だった。ジャズを聴いてここまで感動したの初めてかも。

 

興奮しまくりで文章がぐちゃぐちゃだけど、伝われ!

いや別に伝わんなくてもいいや!この興奮はどこかに吐き出さないと、寝れないもん。

 

ジャズって楽しいじゃんって、今日改めて思ったんだ!ただそれだけ!

アーティスト対エンターテイナー論

最近この暇さえあればこのことを考えてしまう、という自分の中で流行っているテーマをひとつ。

 

ミュージシャンと同じ意味として、アーティストっていう言葉が使われることってあると思うんですが、あれってどうなんでしょうか?

音楽は芸術=アートで、その芸術に携わっているからアーティストっていうのは理解できるんですけども、僕は自分のことをアーティストだと思えなくて。

 

なんでそういうことを考えるようになったかというと、最近授業の内容が技術や理論よりも、その奥にある音楽の普遍的価値について考えるものが多くなってきているんです。

 

で、よく先生に言われるのが

「君たちはアーティストとして、音楽で何を表現したいんだ?」

っていうやつ。

これを聞かれるたびに自分が表現したいことってなんなんだろうって考えるようになって、最終的に気づいたのは、

「僕、別に自分の中のものを表現したいわけじゃないんだ」ってこと。

 

僕の中でアートとは、

自分の考え、訴えたいもの、感情などをそれぞれの媒体で吐き出すことで、自らのアイデンティティを表現し、その表現によって、石を湖面に投じるように何かしらの波紋を作って人を動かすもの

だと思うんです(なげえけど)。つまり自分自身が作り手となって、0から1を生み出す作業をすることがアートだと思うんです。

 

一方僕はというと、なにか吐き出したい・表現したいと思うことがまず無いんです。自分の意志や考えがないというより、それらを表現することに魅力を感じない。

今の思いの丈を曲にしてみろって言われても、何も言いたいことが思いつかない・・・。

この前プロテストソングの授業で曲を書かないといけなくなったときも、周りの学生はみんなすぐに言いたいことが思いついてバンバンアイデアが出てくるのに、僕は全く出てこなかったんです。ニュースは見てるし、心が痛む報道もたくさん耳に入ってくるけど、それに対してなにかを「制作しよう」という気持ちにはならない。

 

失恋してめっちゃ辛くて、友達に「その気持ちを大事にして曲書いたら良いのが出来上がるんじゃない?」って言われても、いざ曲を作ろうと思ったら何も出てこない。

 

イデアが出てこないタイプの人間なんじゃないの?って思われそうですけど、そうでもないんですよね。

例えば映像の脚本を書いている友達がいて、彼が「俺は社会のこういう部分を切り取って、こういうことを表現したいんだ」って僕に伝えてくれたときは、

「じゃあこういう撮り方をしたら面白いよね」

「ここにこういうアイテムを隠しておいたらあとで伏線回収につながるよ」

「そのメッセージを伝えたいなら、こういう言葉を使ってみようよ」

ってバンバンアイデアが出てきたわけです。

 

 つまり、内にあるものを外に吐き出すことよりも、なにか別のところにで生まれた考えやメッセージを、自分の体や思考を媒体として何百倍にもして沢山の人に伝えることに魅力を感じるんですね。1を100や1000にする作業が好きなんです。

 

で、これってアーティストっていうジャンルよりも、エンターテイナーに近いんじゃないかな?って思うわけです。

台本とか、楽譜とか、すでに素材はあって、それを自分なりに料理して表現するのがエンターテイナーだと思うんですよ。

 

もちろんアーティスト兼エンターテイナーっていう人もいるんで、必ずしもどちらかに分類されるわけではないですけど、僕はエンターテイナーに振り切っているタイプの人間じゃないのかなって思っちゃうんですよね。

 

音楽で例えると、

作曲家・作詞家がアーティストで、その曲を演奏する人はエンターテイナー

つまりシンガーソングライターはアーティスト兼エンターテイナー

って感じ?これで伝わるでしょうか?

 

 

で、僕の場合はエンターテイナーなんだなって気づいた瞬間に、自分が将来やりたいことがはっきりしたんですね。こういう仕事はやりたいし、自分に向いてるけど、こういう仕事は続かないだろうなっていうのがわかってきたんです。

 

舞台でほかの役者さんやミュージシャンと一緒に作品を披露したい!

自分の曲をアルバムに収録してツアーを回るのはあんまり興味ない!

とはっきりと言わせていただきます。

 

みなさんは、どっちタイプなんでしょうね?多分この考え方って芸術やエンターテイメント以外の分野にも通ずる部分があると思うので、もし気になったら自己分析してみると自分の新たな魅力がみつかるかも?

【ドラム問答13&14】得意なジャンル/苦手なジャンル

得意なジャンル

留学前は、J-POPもしくはJ-ROCK系をメインにコピーしていたので、そういうのがやりやすかったですかね。

 

でも個人的にはシンプルでグルーブ重視の豪快なドラムが好きで、そういうドラミングが得意でした。

ドラマーでいうと、チャド・スミスのドラミングはめちゃくちゃ意識してた。

あと、ミスチルのJenさんみたいな、ゆったりとした歌ものの後ろで叩くのも好きでした。自分でフレーズ作るとき、かなりミスチルっぽい頭抜き16分のタムフレーズ多用していました。

 

今もそういう系は得意だけど、それに加えてより本格的なファンクも得意になった!TOPみたいなリニア系のドラミングよりは、Head HuntersとかClyde Stubblefieldとかのクラシックなファンクドラミングのほうが得意。

そしてそれ以上にMetersみたいなニューオーリンズ系ファンクが好き。


The Meters - People Say

 

ストレート・アヘッドなジャズも得意といいたいところだけど、まだまだ勉強中です。

 

 

苦手なジャンル

スピード重視のメタルドラミングは練習してこなかったし、練習したいともあまり思わないです・・・

あとラテンをもっと勉強したい!ブラジリアンの練習もっとしたい!と毎日思っています。

【ドラム問答12】初ライブの思い出

中2の5月頃、当時通っていた中学校の武道場でMy Sunshineの一曲を演奏しただけでしたね。

 

一曲しか演奏しないのに、その一曲を何ヶ月も練習して、何回かスタジオに入ってフィルインとかもすべて完璧に暗譜して挑んだライブ。

それだけ練習したから、本番はノーミスでものすごく心に余裕を持って演奏できた。

 

あそこまで一曲に時間をかけたのは、あのライブが最初で最後だと思います。だからあれだけ気持ちいい演奏ができたのかも。そしてあのライブで感じた気持ちよさにとりつかれて、今でもドラムを演奏しています。

 

ときには初心に帰って、一曲をじっくりコピーしてみるのもありかもしれない・・・

留学に行ったって偉いやつにはなれない

この前親友が留学に行くべきか迷っているという話をしていたので、それに関して伝えきれなかった僕の考えをここにバーっと書き出してみる。

 

まず、留学を特別なものとして考えるのは違う気がする。

留学をしたから偉いとか、留学しないのはもったいないとか、そういう考えは払拭すべきだと思う。

僕は積極的ニヒリストなので、最期に「いやー人生楽しかったなー」って思えたら大成功だと思っている。

 

で、留学はそんな充実した人生を過ごすためのひとつの手段に過ぎないんだと思う。

中卒・高卒で社会人になる、大学・大学院へ進学する、新卒で就職する、フリーターになる、家業を継ぐ、起業する、ニートとして過ごす、とかいろいろな進路がある中で、自分の人生を楽しいものにするために必要なら留学すればいいし、必要なければ無理にしなくていい。それだけの話。

 

じゃあ自分にとって留学が必要かどうかをどうやって見極めるのか・・・

これは人それぞれいろいろな考え方があると思うので、あくまで僕なりの考え方を提案してみる。

僕は

「めちゃくちゃ具体的に留学して達成したい目標がある」

「日本でできることは全部やってみたけど、どれもピンとこないから新しいことに挑戦したい。」

「お金と時間が最悪無駄になっても仕方ないと思える」

という考え方にひとつでも当てはまる人なら、留学していいんじゃない?って僕はアドバイスする。

 

その理由をひとつずつ解説すると・・・

 

めちゃくちゃ具体的に留学して達成したい目標がある

これは当たり前のこと。

 

留学期間は限られているんだから、その期間を無駄にできないと思うのは僕だけじゃないはず。

で、無駄に過ごさないためには、留学終了までの期間に達成するメインの目標を見据えて、期間を逆算して小さな目標を立ててクリアしていくのが一番効率が良い。

 

「一年後に英検1級を取る!」がメインの目標なら(そもそもこれが目標なら留学する必要はないように思えるけど)、

半年後にどんなことができるようになっていないといけないのか?

ということは3ヶ月後は?

じゃあ一ヶ月後は?

じゃあ一週間後は?

じゃあ明日までに何をする?

つまり今日は何をする?

ってな感じでプランを立てると迷わない。

留学生活中になにか選択を迫られたとして、自分の中にある目標がその意思決定をする際の指針になれば良いんじゃないかと思うわけです。

 

逆にこのプランがちゃんとしていないと、何もしないで(目標達成に近づかないで)終わる日が出てくる。留学費用を一日ごとに換算すると、「目標に近づかない日」を一日でも作ると結構なお金を捨てることになる。

 

ちなみにこの目標自体は明確ならなんでもいいし、途中で目標が変わってもいいと思う。

金髪美女の彼女を作る!イタリアでピザを毎日食べる!フランスでファッションデザイナーと友だちになる!

とか、全部素敵な目標だと思う。だって明確だもん。

 

 

日本でできることは全部やってみたけど、どれもピンとこないから新しいことに挑戦したい。

これは少し特殊なパターン。

「自分の視野を広げたいから」とか「なにか成長できそうだから」とかいう漠然とした動機の人に向けて伝えたいこと。

このタイプの人は、将来やりたいことがはっきりと分からずに焦ってることが多いはず。僕も高校のときは結構このタイプだったのでめちゃくちゃ気持ちわかります。行きたい大学とかの前に、そもそも大学行って勉強したいことが特に思いつかなくて焦ってた。

 

このタイプで、留学したら何かが変わるかもしれない!って思ってる人のほとんどは、実際何も変わらずに帰ってくることになると思う。

だって2018年っすよ?日本にいてもTwitterで2分あればアメリカの小さな町で起きた万引き事件のこととか、アフリカの子どもたちの状況とか映像付きで知れるじゃん。わざわざ現地に出向かないでも、結構な量の情報が入ってくる環境にいるわけですよ。

 

しかも日本って結構進んでいるので、海外で体験できることの多くは日本でも体験できる。だから留学っていう選択の前に、国内でできること全部やってみてはどうでしょうか。それでもやりたいことが見つからなかったら、海外でしかできないことをやってみるために、短期の海外旅行とかしてみたらどうでしょうか。

それでやりたいことが見つかったら、留学を検討してみるっていう段階を踏んだほうが、効率が良いように僕は思える。

 

あ、でも、もうひとつかなり特殊なパターンとして、追い込まれないと何もアクション起こせないっていうタイプの人は、逆に日本でできるようなことでもあえて海外に行くっていう選択肢はあると思う。

例えば英語の勉強なんて日本にいながらでもできるけど、

「自分は英語圏で英語を話さざるを得ない状況に身を置かない限り勉強モチベが上がらないタイプだ」

って自覚しているなら、もうそれは留学するしか無いと思う。これは例外。

 

お金と時間が最悪無駄になっても仕方ないと思える

これはもうそのままです。上2つのポイントは、いかに留学というお金と時間のかかる選択を有意義なものにするかっていう点にフォーカスしていたので、そもそもその考え方に価値を感じないのであれば、何も言うことはないです。

 

 

ということで、僕が留学してみて感じたことや、留学アドバイスをするようになって気づいた点を思いつくままにまとめてみました。

誰かの参考になったら嬉しいなーと思いますが・・・

何度も言うようですが、あくまで個人の意見なので!

【ドラム問答10&11】初めて組んだバンド名とそのバンドの思い出

初めて曲を演奏したバンドは、中2のときに部活で組んだバンド

 

ですが・・・

 

それよりも前に、バンド自体は組んでいたんですよね。

 

中学に入学してしばらくすると、なんとなく仲の良いメンバーってできるじゃないですか?そのメンバー(5人)のうち、僕含めて3人が楽器経験者で1人が歌が好きだったので、じゃあバンド組むかってなって、とりあえずFBのグループとか、バンド名とか、バンドロゴとかだけ作りましたね。

さらに、全く楽器経験のない5人目に勝手にベースを任命して、わざわざベースを買わせて・・・

 

そうしてできたバンドがRough Diamondsという中学生バンドなんですが、なにせ1人も過去にバンドを組んだこと無いし、なんとなくノリで始めただけだからろくにスタジオ練習とかしないわけですよ。

各々がパートはなんとなくやるけど、別にライブの予定があるわけでもないし、特に目的もなくただただ最初に決めた一曲を個人で練習し続けるという・・・

 

で、いっちょ前にオリジナル曲とかも作りたいから作詞とかはするんだけど、それに曲をつけて、バンドとして編曲してっていう作業をすることはせずそのまま放置。

 

そんなこんなで結局そのメンバーで初めてライブで演奏したのは、確か中3の頃だったかな?メンバーの1人が利用している、中高生用の児童館みたいなところのスペースを借りて、ほかの知り合いのバンドとかも呼んでミニライブをやりました。

ほとんどリハもせずにノリでやったので、楽しかったんですけど演奏としては結構ぐだぐだだった記憶があります。

f:id:nazr13:20181001130536j:plain

↑その時の写真。なんかちょっとずつだせえ・・・

 

でもやっと中1の頃から練習していた曲を人前で披露できたのは、結構嬉しかったなー

ちなみに曲はNICO Touches the WallsDIVERです。


Diver NICO Touches the Walls Live

 

このRough Diamondsというバンドの面白いところは、バンド以外の活動をしている時間のほうが圧倒的に多いという点

そして、今も解散はしていないという点

ただ、ライブ経験は7年間でたったの2回。

 

いつの間にか中1の頃の、ただの仲良しグループに戻ってます。多分今後バンド活動をすることは無いと思うけど、それでいいんです笑

定期的に旅に行ったり、誰かの家に泊まったり、バーベキューしたり、なにか辛いことがあったらグループ電話したり・・・

むしろ中学生のころより、20歳越えた今のほうが仲がいいかもしれん。

 

ちょっとイタイバンド名なのも、まあ今となっては面白いじゃないっすか